ランニングライフをサポート RunField〜ランフィールド〜

ランニング、マラソン、トレイルランニング、ウルトラマラソン、走ることなら、何でもサポート。走ることで、充実した時間を過ごしましょう。

カテゴリ: アドバイス

※メンバー向けにアドバイスメールを送っているのですが、過去の記事を少しずつアップしていきます。

 峅疉蕾戞淵ーバーロード)の原理」

トレーニング効果を得るには、既に持っている能力よりも、ちょっと刺激(疲労・ストレス)になるような負荷でないと、効果が得られない。
身体は強い負荷(ストレス)が加わることで、「次はその過負荷(ストレス)に耐えれるように強くなろう」と反応します。1回では十分な効果は得られません。何度も反復して少しずつ強くなります。

同じトレーニングを行っても、人によって、効果が出るまで、差があります。

楽な負荷・いつもやっている負荷では体力向上という意味では効果は少ないんです。ある一定期間は維持してくれますが、運動負荷に慣れてくることで徐々に低下します。

定期的に、ちょっと頑張るランニングは必要なんです。

みなさん、走ってますか?
走って、健康に、ポジティブに、今を乗り越えましょう。

自粛生活が続き、多くの方がストレスを抱えていると思っています。
これを書いている私も実際に、なぁんか、ストレスというか、心が「モヤっ」とすることがあります。

先日、ネット上で、ランナーのマナーに対するネガティブな投稿を見てしまいました。
書くのは自由なんですが、なぁんか、気分悪くなっちゃいますね。

私自身もですが、クラブメンバーにも、「走る時間」「走るコース」等工夫しましょうね、といったことは伝えています。
どんだけ自分が対策を練ったとしても、それに対しての感じ方は人それぞれ。
なかなか共感してもらえるってことも難しいのかも。

まずは、「自分がやられたら嫌なことはしない」。
それを意識して行動していこう。
もちろん、気づかないこともある。
それは気付いたら、一つずつ修正していけばいい。

今は、ひとりランニングが中心です。
走ることは、心身の健康を整えてくれます。
「優しさ」持って、走りましょう。

現在、お一人で走っている方が多いと思います。
そのシーンをイメージしながら、普段のランニングをより楽しく、効果的に行えるアドバイスができればと考えています。

今、多くの方がGPSの時計を使っていますよね。
さらには、手首で心拍数(正確には脈拍ですが)を計測できるモデルを使われている方も多いかと。
走っているペースを気にされる方が多いですが、もっと心拍数を気にして欲しいです。
心拍数は一番簡便に、その瞬間の身体の反応を示してくれます。
練習会で話を聞きますが、ほとんどの方が、走っているときの心拍数を見ていないようです。
いまいち、示す心拍数の数値が何を示すのか?わからない、っていうこともあるとは思います。

まずは普段のジョギングの心拍数、チェックしてみてほしいです。
楽に走っている時の心拍数です。

1時間10キロ走っているなら、その時の心拍数です。
同じコースを走っているなら、過去のデータも見てみてください。
4月15日 122
4月8日 119
4月1日 128
・・・・
みたいに、その日の体調等で変化があるはず。
同じコース、時間、距離なら比較しやすいです。

何気ないことでも体力の変化を追えます。

↑このページのトップヘ