ランニングライフをサポート RunField〜ランフィールド〜

ランニング、マラソン、トレイルランニング、ウルトラマラソン、走ることなら、何でもサポート。走ることで、充実した時間を過ごしましょう。

カテゴリ: 合宿・キャンプ

春のトレーイングキャンプのお誘いです。

ゴールデンウィークはマラソンシーズンが終わり、ひと段落ついている頃かと思いますが、次のシーズン、または、もうすでに始まっている春のウルトラ、トレイル、スピード強化シーズンに向け、当キャンプを有効に使っていただければなぁと思っております。

ランニングライフを充実させるための知識、技術、体力を集中して高める期間になるかと思います。
本年度は、ランニングコースとトレイルランニングコースの2つのコースに分かれて実施します。

【期日】5月3日(水)〜5月5日(金)
【場所】須走温泉天恵

詳細は下記サイトをご確認ください。
<ランニングコース>https://moshicom.com/5945/
<トレイルランニングコース>https://moshicom.com/5946/

お申込みは上記モシコムから、または下記フォームからでもお受けしています。
https://ws.formzu.net/fgen/S71275559/

ご検討いただければ、スタッフ一同、うれしいです。
たくさんのご参加お待ちしております。

9月21日〜23日の2泊3日で
新潟妙高市でマラソン対策トレーニングキャンプを行いました。

天気は見事に3日間とも快晴!!
日本海まで30劼箸いΔ海箸發△蝓∋より秋らしいそよ風が吹き抜けていました。

合宿地は、妙高パインバレーで
メインは、使われなくなったゴルフ場を整備し
リニューアルしたクロカンコース、
敷地内の道路で2.6劼亮回コースもあります。

このほか、スキー場跡地を整備してトレランコースを整備中です。

宿はAPAホテルで天然温泉の露天風呂も!!
14







【1日目】
お昼に信越本線関山駅に集合し送迎バスで
妙高パインバレーに移動。

 移動の疲れ、脚のむくみをとるため
明日のコースの下見もかねて、全員でジョグ。

1374075_603873202984734_941705208_n











581630_603873456318042_937606388_n

 




クロカンコースを1周すると
軽くのつもりが、予想以上にハードなクロカンコースに
すでに汗びっしょり。。。

クロカンコースを満喫したところで
ロードの周回コースへ

557810_603873529651368_795288633_n






ロードになると地面からの反発をもらえるので
とても軽く走ることができます。
2.6劼亮回コースを1周。そよ風を感じながら気持ちよく走りました。


さらに、3劼曚疋蹇璽匹鮠紊辰
整備中のトレランコースも見に行きました。
(3週間前に草刈りを行ったとこです)
04






すでに笹の芽が伸びてきていて生命の強さと
コース整備の大変さを実感しました。。。


487964_603873619651359_711284789_n





 
トレランコースのてっぺんでパチリ

夜はターンテーブル付きの宴会場で食事
19577359_425146284257036_1419500751_n







話はつきませんが、
明日のクロカン走へ備えるため、温泉に入って
平和な1日目が終了しました。


【2日目】
本日は、合宿のメインメニュー
1周3.4劼離ロカンコースを各自のペースでぐるぐると
最大4時間まで。。。

CIMG3350






みなさん元気にスタート!!

CIMG3358CIMG3363







・・・が、数周すると

激しいアップダウンに加え、
反発の返ってこない柔らかい地面に苦戦。。。

CIMG3365CIMG3374






もっとも長い距離を走ったのは、K内さんの9周。
クロカンコースで30卍兇┐呂気垢です!! 

ビジター参加のSさんもウルトラマラソンを走っているといいうことで
8周回っていました。

夜はお待ちかねのBBQ!!
この瞬間の為に午前中走ったといっても過言ではないでしょう(笑)
CIMG3375 1236668_529415413799287_1615156543_n






がっつりと準備した肉と
O河原農園の絶品野菜たちを目一杯いただきました。


【3日目】
合宿最終日は、昨日じっくり動き続けた筋に
刺激を入れ、本番仕様の脚にするため、インターバルトレーニングです。
パインバレーの敷地内のロードで1000×6のシャトルラン。

CIMG3381







CIMG3386






微妙なアップダウンや強い風に動きを止められながらも
全員で6本完走!!
しかも、最後までタイムを大幅に落とすことなく
走り切りました!!素晴らしい!!

CIMG3387






6本終了後の光景。。。みなさん出し切りました。

最後に集合写真
CIMG3393-1





最終日、予定があって3名ほど先に帰ってしまい
ちょっと人数が少なくなってしまいました。。。

O河原農園の野菜たちお土産に合宿終了!!
 

番外編。。。

その1
CIMG3392 











 かぼちゃをカメラ台にしたら、シャッターが落ちる瞬間に倒れたという偶然。。。


 その2
 547744_527894980617997_873565003_n






分身の
術を身につけたFコーチ

8/31の駒沢練習会後、メンバーさん3名と一緒に
秋の合宿地、妙高パインバレーへ行き、コース整備という草刈りを行ってきました。

Kさんの車に乗り合いで、3時間ほど、新潟県妙高高原へ到着。

到着してまず驚いたのが
ホテルの前に広がる広大なゴルフコースと全面芝の整備されたグラウンド!!
人工芝のテニスコートも4面、室内プールもあり施設はとて充実しています。
そして広いです!!
1238775_210635092430911_71532731_n







ホテルの裏にある使われなくなってりまったゴルフコースには
約3.5劼離ロカンカースが作ってあります。

そのほか、3週間後の合宿では
敷地内ロードで約2.6劼亮回コースや
3.3劼両紊蟶笋覆匹鮖箸辰謄肇譟璽縫鵐阿垢詬縦蠅任后


ホテルに入り、まずは移動の疲れを流しに温泉へ。
大浴場に、天然温泉の露天風呂(無色の硫黄泉でした。)で気分もリラックス。

夕食は、アルトラやdrymaxなどを扱うロータスの大河原会長と食事会
地元の焼き鳥屋さんで、おいしい串と親子丼をいただきました。
串にかんずりがよく合う!!

<宿泊施設>
APAホテル&リゾート<妙高高原>
 CIMG3316







さてさて、日が明けて

あいにくのにわか雨(しかも結構強い・・・)で、ちょっと憂鬱ですが。。。

気合を入れて、コース整備(草刈り)スタート!!
1236515_518628868211275_1550124115_n






草刈機をはじめ、のこぎりや鍬、スコップなど
いろいろな道具を駆使し3年間放置されてしまったスキー場のゲレンデへ。

ここを整備し、トレランコースを開いていきます。
このトレランコースが前線開通し
芝やロードを合わせると10勸幣紊亮回コースを作る計画です。


狩り払い前・・・
40






機械で刈込をしてあるものの、
3mくらいまで伸びたススキがコースをふさいでいます。

さらに、木や草たちの根がしぶとく植わっていました。


ということで、
狩り払いや根掘り黙々と続けます。


4時間経過・・・

04






草刈機の活躍もあり、コースをふさぐススキ達はなくなり
コースははっきりとわかるようになりました(500mくらい!?)!!

しかし、根はまだまだたくさん植わっている状態、
ススキの狩り払いもまだ1/3ほどしかすすめませんでした。。。

トレランコースの全線開通はまだ時間がかかりそうです。

次回のコース整備の際は、ご協力いただければ幸いです。


************************************
まだまだ参加募集中です!!
************************************
「秋のマラソン対策トレーニングキャンプ」
【9月21日〜23日】
http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/38056
【10月12日〜14日】
http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/38061 

しっかりとしたトレーニング、
そして走って疲れた体のケアと癒しすことができるので
合宿として、これ以上ないといえるような環境です!!
************************************

おまけ・・・

狩り払い後、
大河原会長の育てた無農薬野菜を収穫させていただきました!!
0419






久しぶりにこんなに味の濃い野菜をいただきました。
ありがとうございました!! 

秋のマラソンシーズンに向けたトレーニングキャンプの募集を開始しました!!

開催地は、新潟の妙高高原です。
旧ゴルフ場を再利用したクロカンコースや
自然豊かな比較的平坦なロードコースと絶好の環境が整ったフィールドです!!

ぜひ、一緒にすばらしい時間を過ごしましょう!

 RunField】秋のマラソン対策トレーニングキャンプ(9月開催)
http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/38056
開催日:9月21日〜23日

◆RunField】秋のマラソン対策トレーニングキャンプ(10月開催)
http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/38061
開催日:10月12日〜14日


3日目は、希望湖(のぞみこ)の周回コースを使ったトレイル駅伝。

申告ゴールタイムとの誤差が一番小さかったチームが優勝というルールで、
”速さ”ではなく”正確さ”や”コントロール”が求められるゲームです。

前日の夜にチーム決めを行い、作戦会議。
一周2.5劼鬚匹里らいのタイムで走れるのか
これまでのランニング、トレイルランの経験や
1日目で試走した感覚を頼りに想定していきます。

なんと、当日朝練で改めてコースを走り、設定タイムを変更申請するチームがいるほど!!
やはりランナーなだけあって、勝負ごとには純粋です。

全力で走った時のタイムを想定するチームや
ゆっくりのペースでのタイムを想定するチームもあり
どのチームの作戦が吉とでるのか、凶とでるのか楽しみなところです。


いよいよスタート!!
28







P10009981927







みんなで”いいペース”とか”早く〜”とか
声を掛け合いながら走りました。

普段ロードではキロ〇分と設定されるとペースを刻めるスタッフも
 トレイルとの感覚の違いに大苦戦。。。



P1010009







優勝は、申告タイムとの差、1’17のIコーチチーム。

 タイム差が±10”以内でランニングシューズ、
±1’00以内で ランニングソックスの商品があったのですが
残念ながら、該当チームはなし。。。


初めて斑尾高原で実施した合宿でしたが
トレイルのコースが豊富で、豊かな自然の中気持ちよく走ることができました。
ロードも厳しさあるコースでしたが、その分普段ではできない
トレーニングができ、いい脚つくりができました。

おいしい食事を提供していただき、
ペンションウッディヒルさんありがとうございました。 

2日目は午前中はロード組とトレイル組の2班に分かれてのトレーニングとなりました。
昨日のロードコースの厳しさを知ってか、ロード組に集まったのはスタッフ合わせて4名の精鋭たち・・・
かわりにトレイルは22名での大所帯となりました

P7145345










都心に比べれば、標高1000mの斑尾高原は涼しく快適
・・・なのですが、いったん走り始めればやっぱり汗の量は真夏並み
それでも時折吹いてくる冷んやりとした風は体だけでなく心も爽快にさせてくれます

P7145350









午前中は適度なアップダウンを繰り返しながら、小さな沢が流れる森の中、パッとひらける湿原など、斑尾の自然を楽しみながらのトレイルラン
553506






途中で袴岳に登る組と登らず行く組とに分かれることに
袴岳をひっぱるのは我らがSJコーチあれ?さっきまでとペースが違う??
は、は、速い〜
袴岳への3つの登りをスイスイいき、あっという間に頂上へ
そこからは先を行くOJ班に追いつくため、がんがん下って走る走る
P7145354










そんなかんじで13時前に宿に到着
OJ班はその30分ほど前に到着していた模様・・・
宿の方が用意してくれた美味しいおにぎりとみずみずしいキュウリとフルーツ
お腹を満たし、トレラン組とフリー組に分かれ午後もスタートです

午後は午前中とはまた違う要素たっぷりのコース
ブナの美しい森の中のフラットコースや5劼療个蠅続く林道、斑尾山への登り、スキー場直滑降の絶景下りトレイル
本当に飽きないコースで、特に最後の絶景下りトレイルは思わず「うっわ〜!!」と声が上がってしまうほど
この日頑張ったご褒美を斑尾からもらった気分でした
午後フリーでハイキングに行った組も、なんだかんだで途中からはハイキングとは言えないような内容になったようで
最後はみんなで一緒に宿へと戻りました

この日、丸々一日動いた人も、午後はゆっくりした人も、様々だったと思いますが・・・夜はみんな元気
でもこれが合宿の楽しみですよね夕食後の晩餐会は大いに盛り上がりました
それでも一応「ランニング合宿」22時にはお開きで、良い大人は早めの就寝で最終日に備えます

2日目もお疲れ様でした

P7145357



今年の夏合宿は斑尾高原で実施しました。
クラブメンバー15名、ビジター4名、スタッフ7名の総勢26名(過去最多人数 !!)
ビジターでは、名古屋から駆けつけてくれた方もいらっしゃいました。


お昼に宿につき
午後から全員で、翌日のロードコースや
最終日のトレイル駅伝のコースの下見を兼ねたジョギングを行いました。

ロードは斑尾高原をぐるっとできるような11劼離魁璽垢
途中、希望湖(のぞみこ)の周回コース2.5劼曚匹離肇譽ぅ襪鬚呂気
トータル14劼曚匹離献腑ングでした。


51
 




ロードのコースは高原ならではのアップダウンの激しさで
ガツンと下って、ガツンと上りがありした。
初日のジョグでいきなり筋肉痛〜と嘆く声も聞こえてくるほどで
この下見で翌日のロード練習を回避した方もいたのでは・・・!?

高原なので、カラっとして涼しいのを期待していたのですが

予想以上にジトッとしていて、少し動くだけでかなりの発汗量がありました。。。


合宿の夜といえば、恒例の夜の宴!!
今回も盛り上がっていました。 

合宿3日目は海岸沿いをマラニック。

サンセットパームラインを 5劼曚彬名紊靴泙后
昨日の疲れもあり、ウォークする人もいながらののんびりマラニックです。
P1000275 






CIMG3037





海岸沿いまで
流れ出た溶岩が固まった跡がいまでも残っていて、
特徴的な風景を見ながら走ることができます。



P1000293 





海岸にまで下りてみました。


 CIMG3044





島の最北端部がもうすぐそこまできました。

ここから、一旦海岸沿いを離れ町営牧場に向かいます。
CIMG3047





お目当ては、牧場のソフトクリーム。
しかし、機械故障のため販売停止中とのこと。。。
代わりに大島で取れた野菜や塩などを使ったジェラートアイスをそれぞれ食べました。

だいぶ体もほぐれてきたので
帰りは、それぞれのペースでジョギング
かなり強い向かい風が吹いていたので、心が俺そうでした。。。

走り終わった後は、御神火温泉で汗を流し
食事をとりました。
ここでもやっぱり酒が進みます。

走って、温泉に入って、ビールを一杯。
もうこんな幸せありません!!(笑)


帰りは岡田港からの出港だったので
宿の方にバスで送ってもらいました。

岡田港に着いて、びっくり!
風も穏やかですし、まったく波が立っていません。

風向きによって、海の状況はまったく違うんですね。
CIMG3050








無事にジェット船で竹橋桟橋に戻ってくることができました。

GW後半、充実した3日間となりました。
参加していただいたみなさん ありがとうございました。

合宿2日目はメインの大島一周チャレンジです。

伊豆大島をぐるりと一周、約43劼梁臈膂貅道路を走ります。
ポイントは16匆瓩の5kmほど続く上りをどう攻略するかです。

コースは、元町(宿の近く)から反時計回りに島を一周。
大島一周道路は海岸線だけでなく、
裏砂漠側(島の東側)では三原山の中腹くらいまで上がっているので
ぐるりと一周すると、本当にいろいろな景色に出会うことができます。
179481_461821573892005_1776960166_n






スタートは20分間隔で3つのグループに分け時差スタートの予定が
殆どの方が最初9:00のグループでスタートしてしまったため
真ん中のグループがなくなり、急きょ最終グループを9:30のスタートに変更しました。


 946427_461820977225398_1614150019_n





スタートから8劼曚
地層のバームクーヘンが現れます。


32





島の南東側にある波浮港を
見下ろすことができる展望台があります。


47972_461821020558727_1648353719_n





海岸と筆島
海の上にぴょんと飛びてているのがかわいいですね。

さぁ、ここから上りです。


00





どんどん景色が良くなってくるので
標高が上がってきているのが実感できます。


50





上りきり、少し下ると裏砂漠を見ることができます。

34





つつじがきれいに咲いていました。

179102_466701283409578_151748995_n





30夘婉瓩梁臈膰園
みなさん勢ぞろいしました。


21087_461821543892008_226054661_n





1番にゴールしたMIさん、見事なドヤ顔です(笑)



44





みなさん無事にゴールしまいした。


この日も夜の宴が大盛り上がり!!
みなさん、トークにキレが増していました。













恒例となりましたGW合宿を、
今年も伊豆大島で5/4〜5/6の2泊3日の日程で行いました。

竹橋桟橋からジェット船で1時間45分
伊豆大島に到着。 
51

 




元町港から歩いて5分、ホテル赤門へ
荷物を置かせていただき、三原山登山に出発!!
CIMG2964






CIMG2983
外輪山の展望台より
溶岩の跡が植物の遷移状態でわかりますね。




表砂漠ルートを通って頂上へ
お鉢周りをすると火口もとてもよく見ることができます。
また、晴れ渡っていたため、伊豆半島や利島
そして、はるか彼方まで広がる太平洋まで雄大な景色を眺めることができました。

CIMG2995






頂上での集合写真

CIMG2999
下りはテキサスルートを走ります。
砂地を走ることは滅多にないですが
キックをしすぎないフォームを身に付けるにはもってこいの場所でした。



大島温泉ホテルではみんなでアイスを購入して一休み。

ここからは再びアスファルトのロードに戻り
集団でジョギング。

駐車場から急坂になるため
一気に駆け下り宿を目指します。

CIMG3006

下りの斜度が結構きつかったため
バタつかずにうまくスピードに乗れている方と
ブレーキをかけてしまいドタバタと走ってしまっている方と
得意不得意の差が走りに表れていたようでした。


夜は、宿の豪華な食事にお酒も入り
MIさんのトークに花が咲きます。

部屋に戻っても宴会は続き
部屋のビールを飲み切ってしまい
他の部屋から補充したほどでした。

さてさて、翌日の大島一周チャレンジはどうなるのでしょうか??


↑このページのトップヘ